『四季彩屋ひろせ農園』では、今日から『大石早生』の出荷が始まりました。『大石早生』は、皮が赤く実が黄色で、フルーティーな甘みにさっぱりとした酸味のあるどこかなつかしい味・・・この辺りでは昔から栽培されていて、ずっと愛されているスモモです。『四季彩屋ひろせ農園』で最初に出荷されるのが、この『大石早生』なのです。毎年『大石早生』を見ると、夏がきたんだなって感じます(#^.^#)

 収穫してきた『大石早生』は、まず、サイズに分ける「撰果作業」をします。その後、パック詰めをして箱に入れます。作業場は室内なので、紫外線を受けることが病気によくないと言われている私にも作業可能。もちろん、日焼け止めはしっかりぬっていますが(*^^)v 作業場に運ばれてきてからは、私の仕事になります。昨年はまだ退院して日にちが浅かったのでやらなかったのですが、今年はやってみました。気候の関係で例年よりもやや小ぶりのようですが、美味しいスモモに育ってくれました。家族のここまでの苦労を思うと、一個一個がとっても大切です💛 食べてくれる皆さんが笑顔になってくれることを祈りながら詰めました(^^♪ 今日の畑へのお茶菓子は、コーヒーゼリーを作りました!(^^)!