お店で買い物をしているとき、久しぶりにSさんに会いました。Sさんは、私よりも後に、膠原病を発症しました。私とは種類の違う膠原病ですが、難病を抱える辛さ、大変さは一緒。マスクの下の頬のふくらみから、薬の副作用のムーンフェイスがまだ残っているのがわかりました。

 退院後、仕事に復帰したものの、疲れやすくて前と同じように仕事ができない。小さい事にクヨクヨしたり落ち込んだり、すぐネガティブになってしまう…現在の自分のことをそう話すSさんの目は、涙でにじんでいました。いつも元気でとても明るくて、ポジティブを絵に描いたような人だったのに・・・難病は、人の性格をも変えてしまう。

 きっと私も、Sさんと同じだったんだ。発症して入院して、退院してからも気持ちはどん底だった。でも、そんな私を、家族や友達が支え続けてきてくれました。難病は完治しない。合併症や感染症など、先の見えない不安もいっぱい。今でもふと落ち込んでしまうこともあるけれど、支えてくれている人たちのおかげで、今は、こうして笑顔でいられます。

 Sさん、大丈夫🍀 少しずつ、今よりもきっと元気になっていけるから。病気と向き合いながら、焦らずに、ゆっくりゆっくり歩いていきましょう💛