ぶどう研究 日本の味と安全 一日5食限定パフェ  

 昨日は、山梨県果樹試験場で有志のぶどう研究会があり、主人と参加してきました。関税撤廃により今後安価で輸入されるであろう外国のぶどうに負けないよう、これまでの良品生産の研究と並行して、販売方法の多様化も考えていく必要があると感じました。より多くのお客様に手頃な金額でぶどうを食べてほしいと、ぶどうを房ではなく粒で販売している農園のお話も伺いました。

 アメリカ産の粒売りの緑色と赤色のぶどうを試食したのですが、品種が違うはずなのにふたつとも同じ味がして、美味しくありませんでした。これがぶどうの味だと思ってほしくはない。収穫して日にちが経っても、ぶどうのじくが茶色く変色しないなんて、どんな消毒がかけられているのだろう。日本の味と安全を守っていくことが大切だと感じました。

 帰りに笛吹市の「ケパサカフェ」さんへ。一日5食限定のいちごパフェをいただきました。こんなに大きなイチゴがのったパフェは初めて\(^o^)/ 中のバニラアイスも美味しかったです。

関連記事

  1. ぶどうの木の「皮むき作業」🍀
  2. 「クインニーナ」ギフト
  3. 小室浅間神社での黙祷(3.11)
  4. 『四季彩屋ひろせ農園』ご注文ご予約終了のお知らせ
  5. 念願のいちごパフェ
  6. 『四季彩屋ひろせ農園』雪をふみしめながらの剪定
  7. 『ラ・メゾン・アンシェンヌ』さんへ🍴主人のお誕生…
  8. 『手足口病』でも元気です(*^^)v

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP