『四季彩屋ひろせ農園』ハウス「ピオーネ」の房づくり

 『四季彩屋ひろせ農園』では、ハウス「ピオーネ」の「房づくり作業」をしています。写真の右側が房づくり後の房。先端4センチメートルを残して、その上の粒は取ってしまいます。せっかくできた粒をたくさん取ってしまうのはもったいない気もしますが、この作業をしないとだらっとした房になってしまい、栄養も散らばってしまうのです。ひと房ひと房作業していくのは手間がかかり大変ですがこれも、より良いぶどうを育てるための大切な作業です。

 山梨県コロナ感染者は、またひとり増え52人になりました。なかなか落ち着かない状況です。みんなで協力して乗り越えなければ。昼夜を問わず働いてくださっている医療従事者や消毒業務の方々に感謝します。

関連記事

  1. かけがえのない「今」を一緒に 精一杯楽しく
  2. 歌姫に癒された大切なひと時
  3. 結婚記念日のビュッフェ💛 勝沼ぶどう郷駅「甚六さ…
  4. エリテマトーデス記念日🏥
  5. お父さんの手作りキムチ
  6. 優勝をいただいた「シャインマスカット」のゆくえ
  7. 親友からの贈り物
  8. マラソン大会と親友からのLine

コメント

    • 本多友光
    • 2020年 4月 29日

    「房づくり」作業がなぜ必要かわかりました。
    しかしながら、一房一房これを行っていくのは大変なことですね。ブドウとご家族、作業を手伝ってくれる人への「人間愛」「信頼」「思いやり」があるからこそ、出来る仕事なのですね。
    頭が下がる思いです。

      • hirose-yamanasi
      • 2020年 4月 29日

      本多さん、ありがとうございます。
      私が言葉で上手く説明できないばっかりに、お手数をお掛けしてすみませんでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP