『四季彩屋ひろせ農園』ぶどうの「摘心作業」

 豪雨の被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申しあげますとともに、一刻も早い救助を願っております。

 『四季彩屋ひろせ農園』のある山梨県甲州市も、昨朝まで豪雨にみまわれました。桃畑内の土が流れましたが、果樹や木々に被害がなくほっとしているところです。

写真は、『サニードルチェ』の「摘心作業」後の枝を撮影したものです。枝を切ることで枝の伸びを止め、枝に使われる養分がぶどうの房にいくようになり、房の粒張りがよくなるよう導きます。美味しいぶどうに育てるための、大切なひと手間となります。

関連記事

  1. お嫁さんとの素適なひととき
  2. 『なつっこ』の袋かけ🍑 毎週日曜日の薬…
  3. ウォーキングと丸付け 北風が吹く頃
  4. 夏至の日…今日は☔
  5. 仲良し姉妹💛とお留守番🏡
  6. 友達の旦那さんへ 祈り✟ 子宮頸癌細胞診の結果🏥…
  7. 恒例のバーベキュー🍴に感謝
  8. 「シャインマスカット」ハウスのビニールがけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP