北海道からの贈り物  

 北海道の寿都町で中学校の教員をしている同期生から届いた贈り物は、山梨では味わえない海の幸でした。

 彼女とは、大学時代、同じ陸上部で、いわゆる同じ釜の飯を食った仲。彼女が北海道の教員になってからは、一度しか会うことが叶わずにいました。

 でも、私がSLEを発症した5年半前、入院していた病院に、北海道からわざわざお見舞いに駆けつけてくれました。心まで弱っていた私は、どれだけ勇気づけられたか・・・ものすごく嬉しかった。涙が溢れました。

 お礼の電話をして、久しぶりに彼女と話しました。大学を卒業してから30年経つけれど、声はあの頃のまま。ずっと会えなくても、話せばすぐに懐かしい時が戻ってくる。離れていても、気持ちは離れることはない。今でも、そしてこれからもずっと、お互いの幸せを願い合える大切な同志です。コロナが収束したら、きっと会おうね。

関連記事

  1. 『四季彩屋ひろせ農園』からの巣立ち🐦元気でいてね…
  2. 「もはやSLEの肺ではない」のご褒美に
  3. 明けましておめでとうございます
  4. おせんべい、自分で食べられるよ(#^^#)
  5. 「豊年満作」と「無病息災の」の願い🍀
  6. 子宮がん検診の結果🏥 職場の懇親会ἷ…
  7. パンナコッタと病気への思い🍀
  8. 更なる高見を目指して

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP