前回は大分県で行われた『全国ぶどう研究大会』。今年は昨日と今日、ここ山梨県で行われ、主人が参加しました。今日の午前中は式典。佐藤明彦博士による基調講演が行われました。その後は、岡山県、長野県、山梨県の産地事例発表が行われ、午後は、優良ぶどう農園の視察に。得るものが沢山あったようです。自分のやり方に自信を持ってこだわることも大切ですが、新しいものを研究し取り入れていくこともまた大切。お客様に喜んでいただける美味しいぶどうを作るため、日々努力は続きます<m(__)m>

 私は、7週間ぶりの検査受診で山梨県立中央病院へ。血液検査の結果、問題とされる数値は、前回よりも良くありませんでした。それでも、プレドニンの副作用の心配もあり、今回、3カ月半ぶりにプレドニンの服用量を1ミリ減らすことになりました。主治医から、薬が減った影響は何らかの形で出てくるだろうと言われました。薬が減るのは嬉しいけれど、やはり不安は大きいです。主治医いわく「今年は試す年」。チャレンジしていかないとと気を取り直しました。薬が減った影響を確認するため、次回の受診は早めの5週間後。気持ちを上げてリラックス。無理しすぎず、ポジティブにいこうと思います(^^♪