『四季彩屋ひろせ農園』では、路地ブドウの「芽キズ処理」を始めました。まずは「ピオーネ」🍇の畑からスタート!(^^)!

 「芽キズ処理」とは、すべての枝にキズをつけて、芽が出やすいようにするための作業です。専用ばさみを使い、写真(左)ようにキズをつけていきます。すると写真(右)のようなキズができ、その下の芽が出やすくなります。こうして、発芽の時期をそろすのだそうです🍀

 「ピオーネ」🍇の畑から始めて、全品種、すべての枝に「芽キズ処理」をしていきます。芽が出始めるのは来月半ばすぎ・・・今から楽しみです(#^^#)