私が膠原病(SLE)を発症して山梨県立中央病院に入院した翌日、私とは違う種類の膠原病でお隣りのベットに入院してきたのが、Hさんでした。私もHさんも、痛みの原因ががわからないままひと月ほどいくつかの病院に通院してようやく県立病院に来たので、入院当初は既に重症化。お互い、体の痛みとの闘いから始まりました。難病を発症したことへの不安、家族と離れ離れになった寂しさ、仕事ができなくなってしまった苦しみ・・・突然一変した生活と、言いわたされた『入院2ヶ月間』に目の前が真っ暗になっていました。

 痛みが少しずつらくになり、食事もとれるようになった頃には、Hさんといろいろな話をするようになりました。家族のこと、仕事のこと、病気や薬のこと、お医者さんや看護師さんのこと、たわいもない世間話・・・いっぱい話しました。入院していると落ち込むこともあります。でも、おかしなもので、ふたりの落ち込む時期はずれるようで(笑)、私が落ち込んだときにはHさんが、Hさんが落ち込んだときには私が、お互い声掛けをしながら過ごしてきたような気がします。体と心の痛みをわかり合えるHさんが隣りにいなかったら、もっとずっとつらい入院生活になっていたと思います。そして2ヶ月後、私とHさんは同じ日に退院しました。

 今日、Hさんと笛吹市の「マリモカフェ」さんでランチをしました🍴 2年7か月ぶりに会ったHさんは健康そのもの。私の大好きな素敵な笑顔を見せてくれました💛 お元気そうで本当に良かった。今となっては、あんなにつらかったことも笑って話せる。懐かしいとさえ思える入院生活。退院後はそれぞれ、大変なことや心配なことが多々ありました。これからも投薬治療はずっと続いていくし、いつまた数値が高くなるかわからない。いつどんな合併症がおこるかわからない不安もあります。それでも『病いは気から』クヨクヨしたって仕方ない。「どうせ同じ時間を生きるなら笑っていよう」・・・ふたりでそう話しました。病気にならなければ知り合えなかったHさんとの出会いに心から感謝です🍀