『どんど焼き』の夜に

 作夜、組の『どんど焼き』がありました。『どんど焼き』は、無病息災や豊作を願い、正月飾りや6日に作ったお小屋を焼いて行われる行事。どんど焼きの火でおだんごを焼いて食べると、病気や虫歯にならないという言い伝えがあります。

 主人は地区の防災担当なので、地域の『どんど焼き』の各所全部を回らなければならず、組の『どんど焼き』には私が行くはずでした。でも一昨日から体調を崩しどうにもこうにも行くことが叶わなかったので、義母が代わりにおだんごを焼きに行ってくれました。焼いてきてくれたおだんごを食べたので、私の持病もきっと良くなると信じます🍀 昔から続いている小正月の行事・・・いつまでも続いていきますように。

 写真は、米粉で作ったおだんごを焼いている様子。組の『どんど焼き』を回った際に主人が撮影しました。

関連記事

  1. ぶどうの木の「皮むき作業」🍀
  2. 全身性エリテマトーデスの定期検査受診へ🏥
  3. 「サニードルチェ」今シーズンのご予約終了のお知らせ
  4. 克希くん参上に感謝(#^^#)
  5. 親子3人の買い物と今シーズン初のいちごパフェ
  6. 葡萄園の中の「カーサダノーマ」🍴
  7. 父の受診と3人の月一ランチ会
  8. 『四季彩屋ひろせ農園』枯露柿の粉

コメント

    • 荒芝くん
    • 2019年 1月 18日

    美穂さん、どんど焼きとは、病の根源を炎で焼き払い、息の根を止め、病気をしないカラダや病気を治す意味があるのですか(^^)
    写真を拝見すると、そのように見えます(^。^)
    病の根源を焼き払った炎で焼いた団子、美穂さんの病を焼き尽くしますように(^_^)

      • hirose-yamanasi
      • 2019年 1月 18日

      どんど焼きの無病息災、昔からの言い伝えを信じています。
      そうですね。病気が良くなるといいなと思います。
      いつも応援してくださって、本当にありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP