22年前に担任をしていた子が、天国に逝ってしまいました。享年30歳。あまりにも早すぎる…辛いできごとでした。昨日、ご自宅にお焼香に行ってきました。写真の彼には、小学2年生の頃の可愛い面影がありました。写真の笑顔を見て、なおさら悲しくなりました。

 病室で彼がしたためた文章が、本になりました。『誰もが輝く 魔法のノート』・・・彼の言葉は、これからも多くの人たちに伝わっていきます。彼の思いが詰まったこの本を宝物として、大切に読んでいこうと思います。

 台風19号の被害を映像で見るたび、心が痛みます。失ったものは戻ってこないかもしれない。それでも前を向いて踏み出して行けますよう、一日も早い復興をお祈りしています。