今日は組の集まりがあり、男性と子どもたちが集まりました。子どもたちは、きっかんじに持つ灯ろうの張替えをしました。写真は男性たちが作った「どんど焼き」のほこらです。14日の「どんど焼き」にこのほこらを焼き、その火でおだんごを焼きます。

 夜は、組の行事「きっかんじ」。灯ろうを持った子どもたちと役員さんが、商売繁盛や家内安全と言いながら組の家を一軒一軒回っていきます。回ってくると、それぞれの家では、お菓子やお金を子どもたちにわたします。組の子どもの数は年々少なくなってきていきますが、こうして行事が続けられていることは嬉しいです。

 私は昼間、親友と少しの時間ですがお茶をしてきました。話しているだけで心が落ち着く。これから歩く道筋が見えてくる・・・大切な親友の存在に心から感謝です。