真っ青な空が広がり暖かな日差しが注がれた今日、『四季彩屋ひろせ農 園』では、路地「巨峰」の剪定作業が始まりました。

 剪定には、「短梢剪定(たんしょうせんてい)」と「長梢剪定(ちょうしょうせんてい)」の2種類があります。「短梢剪定」は、写真のように、前年に伸びた長い梢をひとつ目の芽まで残して短く切り詰める方法です。

 当園では、6割がこの「短梢剪定」です。品種により、剪定方法を変えているのだそうです。よりよい果樹を作るためのとても大切な農作業。伸びゆく枝葉を思いながら、今日も頑張っています。