雨の甚六桜 勝沼ぶどう郷

 昨日は雨の一日。雨なら人も少ないだろうと、仕事が一段落した主人が、勝沼ぶどう郷駅に桜を見に連れて行ってくれました。昔、菱山地区の復興を手掛けた甚六会が植えたという歴史ある『甚六桜』の並木。花見客がいなかったので、車から降りて傘をさし歩いてきました。旧勝沼駅に続く桜のトンネル。もうすぐ満開です美しい桜のおかげで、気持ちが少し上向きになりました。桜を見ると、巣立っていった子どもたちのことを思い出します。

 山梨県では、昨日までに、コロナ感染者が9人になってしまいました。かわいそうに、その中には0歳の赤ちゃんもいます。その子のご両親の気持ちを思うといたたまれません。一日も早い回復をお祈りしています。

関連記事

  1. 孫とお留守番🏡 親友との大切な時間Ὁ…
  2. フレンチ「翠川」さんと初雪
  3. 「自分探し」💛『四季彩屋日記』を見てくださること…
  4. 5回目の『ふたりのお誕生日会』
  5. つぶらな瞳が巣立つ日まで
  6. 『四季彩屋ひろせ農園』まだ灌水設備のない畑への潅水工事…
  7. ビニールハウスへ💛「ありがとう。お疲れさま」
  8. 広い場所へデビュー🍀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP