『四季彩屋ひろせ農園』の「日川白鳳」の若木が植えてある畑には、今年も、たくさんのタンポポが咲いています。主人も、そして3人の我が子も、小さい頃よくここで遊んでいました。タンポポの綿毛がいっぱい。綿毛を飛ばすと、童心にかえれる。子供の頃のことをなつかしく思い出します。

 写真の後方にぼやけて見えるのは、「日川白鳳」の木々です。「日川白鳳」は、水分が多く糖度の高い美味しい桃です。花が散り、もう小さな実ができ始めています。出荷を迎えるのは7月初旬になります。タンポポ畑の若木も、すくすくと育っています。

 山梨県では昨日、18日ぶりにコロナ感染者が出ませんでした。どうか今日も出ませんように。みんなが頑張っているから、「日川白鳳」が出荷できる頃には、きっとコロナは収束している。そう信じています。