路地「巨峰」の剪定とトップジン

路地「ピオーネ」 短梢剪定
切り口に癒合剤を塗る様子

 『四季彩屋ひろせ農園』では、路地「巨峰」の剪定が始まりました。剪定した枝の切り口には、癒合剤を塗ります。当園では「トップジン」という癒合剤を使っています。木の乾燥や枯れ込みを防ぐための大切な作業。木の栄養を逃がしません。美味しいぶどうづくりのため、寒い中、頑張っています。

 

関連記事

  1. 富士PIZZAがやってきた
  2. 7年前のあの日に思う
  3. 子宮がんの組織診🏥 2月1日という日
  4. 敬老の日のお祝い🍀やお誕生日などのプレゼントに&…
  5. 待ち遠しい太陽
  6. 初孫、2歳のお誕生日🎂
  7. 娘との嬉しい時間🎵💛
  8. 孫と一緒の二日間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP