『四季彩屋ひろせ農園』ハウスぶどうの「房づくり」

 

 『四季彩屋ひろせ農園』では、ハウスぶどうの「房づくり作業」をしています。開花を始めた花穂から「房づくり」を行い、約25㎝に育った花穂の先端の3.5~4㎝だけを残してカットしてしまいます。美味しさを凝縮するための大切な作業となります。

写真は、ハウス「ピオーネ」の「房づくり作業」後の花穂です。もう少しでハウスぶどうの「房づくり」は終わり、その後は、「ジベレリン処理作業」が始まります。

関連記事

  1. 親友に感謝❤7週間ぶりの受診🍑
  2. 日曜日の夕方のひととき
  3. 『四季彩屋ひろせ農園』ハウスぶどう🍇出荷スタート…
  4. 初孫、2歳のお誕生日🎂
  5. 『四季彩屋ひろせ農園』 ぶどうを守るための塗布
  6. 勤務校の卒業式🌸 「日川白鳳」の摘蕾dz…
  7. イルミネーションに打たれた心☆彡
  8. 『四季彩屋ひろせ農園』「ドルチェ」ご予約終了のお知らせ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP