『四季彩屋ひろせ農園』ハウスぶどうの「房づくり」

 

 『四季彩屋ひろせ農園』では、ハウスぶどうの「房づくり作業」をしています。開花を始めた花穂から「房づくり」を行い、約25㎝に育った花穂の先端の3.5~4㎝だけを残してカットしてしまいます。美味しさを凝縮するための大切な作業となります。

写真は、ハウス「ピオーネ」の「房づくり作業」後の花穂です。もう少しでハウスぶどうの「房づくり」は終わり、その後は、「ジベレリン処理作業」が始まります。

関連記事

  1. 「全身性エリテマトーデス」の定期受診とハウスぶどう研修会
  2. ハウスぶどう🍇完売のお知らせ…美容院へ癒しの時間…
  3. 2回目の「ジベ」終了🍇 アルバイトの方たちに感謝…
  4. 私のエネルギーの元💛
  5. 2歳のお誕生日🎉 🍀『四季彩屋ひ…
  6. 3人のランチ会🍴 氷室神社⛩
  7. わたし、置いてかれちゃったの(#^.^#)
  8. ひ孫とのほっこり🍀🎁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP