今日は、山梨市民会館で行われた後援会「明日につながる農業2018」に、主人と参加してきました。

 第1部は、ワーコム農業研究所取締役社長 栗田幸秀さんの、新たな有機農業のあり方についての講演。人が飲んでも害のない「マグミール」という資材を使っての土壌づくりに驚きしました。佐賀大学と共同研究しているとのこと。やはり農業は奥が深い。初心者の私でもわかりやすいお話でした。

 第2部は、ジャパン・アグリゲート取締役副社長 宮川博臣さんの農産物輸出の現状についての講演。シンガポールへの輸出の様子や、東京のルミネデパートに果樹を出品する計画など、興味深いお話を伺えました。

 お誘いいただいたヴァインヤード代表取締役 織田久美子さんのおかげで、最先端の農業従事者のお話も聞くことができ、とても貴重な時間となりました。すべては、安心安全な美味しい果物をお客様のために・・・。もっともっと勉強し、よいと思うことをもっともっと実践していかなくてはと感じました。