物心がついたのは、いったいいつ頃だったのだろう。私の一番古い記憶は多分、おばあちゃんと一緒にバスに乗ったこと。どうしてだか、バスに乗りたくないって泣いて、大好きなおばあちゃんを困らせてしっまった記憶が・・・。一般的には、物心つくのは4歳頃だとか。4歳になったばかりの孫の物心に、実家に泊まりに来た記憶もほんのり残ってくれるかな🍀

 昨日は、山中湖で遊覧船『白鳥」に乗りました。思っていたよりも大きな遊覧船でした。2回に上がり、孫たちと主人は甲板に。孫にとって初めての船🚢 孫たちは気持ちよい風を受けながら、波しぶきや行きかうボートなどを眺めていました。

 次に行ったのは忍野にある『富士湧水の里水族館』🐟 ふたりとも生き物が大好きなので、手をたたいたり歓声をあげたりしながら喜んでいました。ニジマスを見ながら「おいしそう~」って(^^;) その後は、隣の公園で念願の『大きい滑り台』。ひとりで滑べることができました。この前はできなかったことができるようになる・・・子供って本当にすごいなって思います。

 ファミレスでご飯を食べて、湖畔で4歳の孫も好きなソフトクリームを食べて、それから帰りに向きました。車中でお昼寝して起きた頃にはもう甲州市。4歳の孫が前から乗りたいと言っていたバスが通り過ぎていきました。それは、私の物心の記憶に残っている、おばあちゃんと一緒に乗った大菩薩登山口線のバスでした。思い立ってバスを追いかけ、バスが停留所に停まったところで4歳の孫とふたりで乗り込みました。それから終点の大菩薩登山口まで。バスも初めて🚌 孫は、興味深そうに窓の外を見ていました。大菩薩登山口には、主人の車が待っていてくれました。

 帰宅してから、またまたいっぱいお散歩(#^^#) 夕食とお風呂を済ませてから娘宅に送り届けました。めいいっぱい遊んだ孫との二日間。とても癒された大切な時間となりました🎵 孫の記憶の中に、ほんの少しでも残ってくれたら嬉しいな💛