「愛と命 考える時 灯りをともす時」をテーマに、『三科紗知&手塚しんや/すがのゆきツーマンライブ』が、紗知さんのお誕生日である昨日、昭和町のブラウンシュガーで開催されました。歌を聴いてあんなにも涙したのは生まれて初めてでした。

 紗知さんの歌声は、心に響く。紗知さんの作った詞は、心の奥に届く。ライブでは毎回感動し、勇気と元気をもらってきたけれど・・・

 昨夜のお誕生日ライブは紗知さんの持ち時間が1時間以上。歌、そしてその合間の語り・・・紗知さんの思いがひしひしと伝わってくる。心に訴えかける。そんなかけがえのない大切な時間となりました。

 病気は辛い、しかし病気は神様から与えられたギフト。自分で紐ほどきその箱を開ければ、自分に与えられたその意味がきっとわかってくる。それでも病気は辛い。でもけっしてひとりじゃない。支え助けてくれる人たちがいる・・・自らも根治困難な難病と闘っている紗知さんが奏でるからこそ、心の奥底に素直に染みわたっていく。紗知さんのその思いと、発症してからこれまでの自分自身の悲しみ、多くの苦しみ、そしていっぱいの感謝。様々な思いが走馬灯のように蘇り、胸がいっぱいになり、とめどもなく涙が溢れました。感謝の気持ちを忘れずに命をしっかり生きよう。周りの命も大切に愛そう。そう心から考えさせられた感動のライブでした。