昨日の午後は、楽しみにしていた親友とのお茶タイム。コロナウイルス対策でカフェに行けないので、親友の自宅に行ってきました。同期の会では会っていたものの、ふたりで会うのは冬休みぶりでした

 私が入院した時から4年間、彼女は、忙しいのにも関わらず、毎朝欠かさずLineをくれます。彼女の言葉に、私は毎朝元気をもらっているのです。毎日メールのやり取りしているのに、会って話せば、聞くこと話すことがいっぱい。あっという間の3時間半でした。あったかい彼女といると安心する。彼女がいてくれてよかった。親友との時間は宝物です。心からありがとう。

 この辺りのひな祭りは4月3日。彼女の自宅に飾られた立派なお雛さまを、写真に撮らせてもらいました。娘さんのために、親友のお父さんが買ってくださった大切なお雛さま。娘さんが成人してもなお、きちんと飾っているのです。お雛さまの優しい面影が、優しい親友の面影と重なりました。