本日、1年生のときに担任した子どもたちが、小学校を巣立ちました。コロナウイルス対策で、在校生のいない、呼びかけもない短縮された卒業式となりましたが、保護者は両親ともに出席することが許された温かい式となりました。

 卒業証書授与。壇上に上がるひとりひとりの姿を見つめながら、1年生の頃の出来事を思い出していました。ただただかわいかった入学式。心配な子どももいました。学校でのお母さんになろう。子どもたちが安心して学校生活が送れるように。親が安心して託せるように・・・。

 大変なこともいっぱいあったはずなのに、思い出すのは、子どもたちやお母さんとの楽しかった思い出ばかり。立派になった子どもたちを見て、本当に成長したなと感じました途中、入院や休職をしたものの、入学から卒業まで、同じ学校で子どもたちの成長を見ていられた私は、とても幸せ者です。心に残る卒業式。けっして忘れることはないでしょう。