写真は、日当たりの良い土地に植えて育てている「ピオーネ」の苗木。言うならば『四季彩屋ひろせ農園』の大切な子どもたちです。『四季彩屋ひろせ農園』では、父の代からずっとピオーネを生産しているので、老木になった木もあります。苗木がもう少し大きく育ったら、それらの老木と入れ替え、ぶどう園の中に植え返していくのです。「ピオーネ」の子どもたちが元気に育ち、品質の良い美味しい房をつけられるよう、大切の大切に守り育てていきます。