孫の通う甲府市の保育園は、自粛を5月末まで再延期するこになりました。娘は、公園や買い物など、子どもを連れての外出をずっと控えています。小さいながらも一生懸命我慢している孫たちにも、当然ながらストレスが。そこで昨日は、朝、娘宅まで迎えに行き、一日こちらで過ごしました。

 近くの集会所の庭にある遊具で遊んだあと、主人と父が「誘引作業」をしている路地「シャインマスカット」の畑に行きました。シャインマスカットの赤ちゃんを見つけたり、タンポポの綿毛を飛ばしたり、畑の中を駆け回って大喜びで遊んでいました。子どもの笑顔は、こうでなくては。

 来週から、いよいよ勤務校が再開されます。不安や心配の中ではありますが、通学してくる子どもたちの笑顔を守る一助になれたらと思います。

 自粛解除後、県内感染者はさらに増え、60人となりました。隣市では、その感染者の勤務地や保育園があることで、小中学校の再開を6月1日まで再延期しました。登校を待ち望んでいた子どもたちは、本当にかわいそうだと思います。その一方で、その感染者の親子のことも心配です。やむなく感染してしまった人のことを誹謗中傷することは、やはり違うと思う。こんな時だからこそ、自分の言動が人に与える影響を、いつも以上に考えていく必要があると思いました。みんながいつも笑顔でいられるように。