ウォーキングと丸付け 北風が吹く頃

フルーツラインからの夜景

 身体に顕著な症状が現れ始めたのは、ちょうど5年前の今頃でした。当時担任していた1年生の書き初め大会に向けての練習用紙に、丸付けをして文字を直すのだけれど、手の指の関節が腫れて、思うような文字が書けない。痛みも出てきて、初めて身体に不安を感じた。北風が吹く頃になると、あの時のことを思い出します。

 夜のウォーキング。歩いている顔に当たる風が、少しづつ冷たくなってきました。澄んだ冬空に輝く夜景は、とても奇麗です。発症してもうすぐ5年。根治困難な難病でも、痛みなくウォーキングできる。学習支援員としてだけれど、勤務していた小学校に戻ることができ、あの時担任していた子たちの丸付けもしてあげられている・・・思うところはいろいろあるけれど、そんな今を、幸せに感じる今日この頃です。

関連記事

  1. 同僚との食事🍴と子宮がん再検査の結果dz…
  2. 恒例 餅つきバーベキュー
  3. 教え子親子と久しぶりの再会
  4. お嫁さんとお腹いっぱい(#^^#)
  5. 『御小屋づくり』と『きっかんじ』
  6. 誕生日の焼き鳥🍴
  7. 『四季彩屋ひろせ農園』スモモの王様「貴陽」の出荷が始まりました
  8. 孫のお泊り💛3泊4日☆彡2日目🍀…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook



四季彩屋ぶどう一覧

PAGE TOP