今日は、勤務校のマラソン大会でした。昨年は、紫外線を防ぎながらコース途中で応援することができました(写真は昨年のもの)。今年は、走り終わった後の児童指導のため勤務となりました。

 マラソン大会のスタートの様子を、私は校舎内で、走ることのできない児童と一緒に見ていました。4年前のマラソン大会、私は、担任していた1年生の最後尾について一緒に走っていました。あの頃、もうまもなく体調を崩し、全身性エリテマトーデスを発症するなんて思いもしないで。

 本当は、発症前と同じように、子どもたちと一緒にコースを走ったり校庭で思いっきり応援したりしたい。でも、紫外線が病気に影響する私には、もうそれができません。とても歯がゆし辛い・・・そんな凹んだ気持ちを、つい、親友にLineしてしまいました。今朝、親友から「今、自分のできることをすればいいよ。楽しんで。」と返信がありました。そうだ、今の私にできることをすればそれでいい。おかげで、笑顔で働くことができました。

 走り終えて、教室に着替えに戻ってくる子ひとりひとりに声をかける。頑張ったあとの子どもたちのたまらなくいい笑顔。この笑顔を見るために、私は今、ここにいる・・・そう思えた瞬間でした。病気に配慮してくれた本校の先生方にも心から感謝です。